【新サービス】複数のウォール広告を管理画面 で配信比率調整できる! 「アスタウォールメディエーション」を提供開始


ウォールメディエーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。アスタ運営事務局の宮本です。
本日、アスタでは新しいサービスとして「ウォールメディエーション」の提供を開始しました。プレスリリースはこちら

「ウォールメディエーション」は、”その他のオススメ”などのボタンから開く「ウォール型広告」専用のメディエーションサービスです。
320×50のバナー枠ではGoogle社の提供する「AdMobメディエーション」が有名ですね。
アスタウォールはもちろんのこと、AppliPromotionなど複数のウォール型広告ネットワークを、管理画面上からいつでも配信比率調整する事が可能になります。
管理画面よりSDKをダウンロードしていただくことでAndroidとiOSで本日より利用可能です!

そしてなんと、アスタ出稿費用と賞品(レッドブル)がもらえる”アスタウォールメディエーションリリース記念キャンペーン”も実施します!


管理画面上で複数ウォール広告の配信割合の設定が可能!

収益パフォーマンスの一番良い広告ネットワークは、アプリとのマッチングだけではなく時期によっても異なってきます。
ウォールメディエーションを導入することにより、管理画面からいつでも配信割合の変更や停止が可能です。

複数の広告ネットワークのパフォーマンスを比較しながら、配信割合を設定することで収益UPが見込めます!
またSSPとしての提供ではないので、利用にあたって手数料や中間マージンは一切発生しません。

320×50の枠でメディエーションやSSPを利用されるメディア様が増えていますが、この機会にぜひウォール枠もメディエーション化しちゃいましょう!

※SSP(Supply-Side Platform) とは
主に広告のインプレッションが発生するごとに最適な広告を自動的に選択し、収益性の向上を図るサービス。
「ウォールメディエーション」や「AdMobメディエーション」では各広告ネットワークから直接報酬が支払われるのに対し、多くのSSPでは広告ネットワークからSSPを経由してメディアに報酬が支払われる(中間マージンが発生)

ウォールメディエーションの利用方法

1:管理画面の「広告枠」→「広告枠グループ」より、ウォール用の広告枠グループを作成

2:「広告枠」→「新規作成」より、アスタウォール用の広告枠を作成

3:該当広告枠名を選択してメディエーション設定を選択。新規追加よりメディエーションするアドネットワークを登録

4:アプリケーション内に●●SDKを組み込む

設定方法

アスタ出稿費用と賞品(レッドブル)がもらえるアスタウォールメディエーションリリース記念キャンペーンも実施!詳細は、こちら!!

さらに最新版のSDKでアニメーションGIF & iOS 64bitにも対応!

最近、320×50のバナーでよくアニメーションGIFを見るようになりましたね。
アスタではさっそくアイコンでもアニメーションGIFが動くようになりました。
これまでWebサイトやWebView(JSによる実装)では対応していましたが、今回SDKでも正式に対応しました。
CTRの向上が見込め、収益UPが期待できます。

そのほか、iOSで64bitのアーキテクチャに対応しました。
64bitアプリでもアスタのアイコン広告はもちろん、アスタウォールによるウォール広告も利用できます!

SDKを利用されているデベロッパ様は、ぜひこの機会にSDKをアップデートしてくださいね!

アスタ、ウォールメディエーションのご利用はこちらからどうぞ!
また、ご不明点などございましたらお問い合わせページからお気軽にご連絡くださいませ。
TwitterFacebookからでもお気軽に!