私のアプリ、広告多すぎ…?多種多様なスマホ広告がある今こそ、使いドコロをちゃんと選びたいアプリマネタイズ


ad-tuning
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年のご挨拶が遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もアスタを何卒宜しくお願い致します!

2012年後半から2013年にかけてスマートフォン向けの広告サイズが続々と登場し、アプリの収益化手段が多様化しました。
これまで一般的だった320×50のバナーに加え、アスタでも提供しているのアイコン、ウォール、その他にもインタースティシャルやテキストなどなど。。。
カジュアルゲームなどの広告収益がメインのアプリでは、複数の広告を掲載して収益を上げるのが一般的となりましたね。

しかし広告収益を得るには、まずユーザーを集めなければなりません。
収益を最大化しようとするあまり、むやみやたらに広告を貼ったり、誤タップを誘発してしまうアプリはすぐにユーザーが離れてしまい、結果として収益ダウンに繋がる可能性もあります。
ここで重要となってくるのは、広告収益も確保しつつユーザーの負担にならないように広告を配置することではないでしょうか。

ここで良い広告の貼り方とは何なのかを考えてみたいと思います。


スマホ広告サイズのおさらい

広告サイズ

バナー

スマートフォンアプリでもっとも一般的な320×50サイズのバナー広告です。
最近ではメディエーションツールやSSPを使用して、複数のアドネットワークを運用するケースが増えました。
アスタもSSP経由などで320×50に6つアイコンを表示することができます。

アイコン

ユーザーがアプリを起動する時に必ず目にするのがアイコンですね。
それを広告として採用したのがアスタなどのアイコン広告です。
アスタではアイコン1つから自由なサイズ・位置で配置できるため、バナー広告を掲載できない場所も活用できます。

ウォール

「その他のオススメ」などのボタンから開くウォール型広告。
ゲーム画面などから1クッション挟むことで誤タップも少なく、
CPC広告では単価が高く、CPI広告ではCVRが良いのが特徴です。
(アスタでもウォール型広告とメディエーションツールを提供開始しました!詳しくはこちら)

インタースティシャル

画面遷移時に差し込んで表示するインタースティシャル広告。
Androidでは戻るボタンでアプリ終了確認画面に表示する導入方法も一般的です。
300×250のレクタングルサイズを表示する広告ネットワークが多いです。

動画

最近PCサイトではマウスオーバー表示される動画広告をよく見かけます。
アメリカではスマートフォンでも動画広告が人気らしく、LTEなどの通信環境の向上によって日本でも今年流行るという噂も?
まだ導入しているアプリはあまり見かけませんが、要注目な広告形式です。


掲載位置でパフォーマンスは大きく変わる

例えばTOP→ゲーム→結果という遷移のアプリでは、それぞれの画面で広告のパフォーマンスは変わってきます。
ゲーム画面は滞在時間が長いのでインプレッション数が大きくなりますがCTR(クリック率)が低く、掲載方法次第では誤タップも発生しやすいので単価が安くなりがちです。
逆に結果画面のimp自体は少ないもののCTRが高く、CVR(コンバージョン率)も良いため単価が高くなりやすい傾向にあります。(CPC広告の場合)

広告配置

同じ画面でも広告を配置する場所によってパフォーマンスは大きく変わります。
ゲームアプリではバナー広告を画面中央に掲載するのは難しいですが、アイコンやウォール広告への遷移ボタンは空きスペースを活用することができます。

また、前画面で広告が表示されていなかった場所に広告が表示されると、ユーザーの目線を引くためCTRの向上につながります。
この時、前画面でユーザーが指を置いている位置に広告を出すと、誤タップされやすいので注意が必要です。


ユーザーが暇になったタイミングを狙う

あるニュースサイトで記事上部に表示されている広告より、記事下部に表示されている広告の方が収益が良かったという実績がありました。
記事を最後まで読まないユーザーもいるのでimpは記事上部の方が多いのですが、CTRやCVRが圧倒的に記事下部の方がよかったのです。

これにはユーザーが記事を読み終えて暇になったということが関わっていると思います。

広告表示タイミング

ゲームアプリで言えばこれからゲームをしようというユーザーが多いTOP画面より、遊び終わって暇になったユーザーの多い結果画面の方が良いということです。
また、ゲーム中に飽きてしまったユーザーがいるかもしれないポーズ画面なども意外と良かったりします。

もちろん一概には言えませんが、ユーザーがアプリやコンテンツに集中しているところに広告を増やすよりは、
結果画面や記事下部などユーザーが行動が一段落したところへの掲載をおすすめします。


画面・広告枠ごとのパフォーマンスを計測する

管理画面

アスタでは1つのアプリやメディアでも複数の広告枠を登録することができ、
広告枠を分けることで掲載位置ごとのパフォーマンスをチェックできます。
(その際は広告枠をグループ管理すると大変便利です!)

また、Google Analyticsなどを導入して各画面ごとにユーザーの行動を計測することも大切。

アプリのデザインや内容、ユーザー層によっても効果の良い広告掲載方法は変わってきます。
様々な掲載方法を試しつつ、検証を重ねていくことが収益アップには不可欠です。

アスタでは広告収益の最適化やチューニングが大好きなデベロッパー様を募集中です。
新規登録、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

記事内で不明な点や詳しく知りたいところがある場合も、お問い合わせページよりお気軽にどうぞ!

Feedlyで購読
follow us in feedly